iOS8と連動する「Apple Watch」 フィットネス、ワーキングアプリと好相性

iOS8と連動する「Apple Watch」 フィットネス、ワーキングアプリと好相性

Appleは9月9日(日本時間10日)に本社のあるカリフォルニア州クパティーノ市にあるフリントセンターで行ったイベントで、最新のOSであるiOS8やiPhone6、ウェアラブルデバイス「Apple Watch」や決済システム「Apple Pay」に関する詳しい内容を発表しました。

おもな発表は以下の通りです。
決済システム「Apple Pay」をiPhone6、iPhone6+に搭載
・Touch IDの指紋認証およびSE(Secure Element セキュア エレメント)と連携
・Apple Payは米国で2014年10月に、iOS 8へのアップデートとして提供開始
・日本国内での利用提供は言及なし

Apple Watch2015年に発売予定
・iPhone5以降のiPhoneデバイスと連携させて作動
・メッセージや電話、Facebook、Twitterなどソーシャルメディアでのコミュニケーションもできる
・フィットネスとワークアウトのアプリを用意
・フィットネスアプリでは運動量や何をしたかを記録。ワークアウトアプリではゴールを定めて、どのようにどれくらい運動したかを管理
・Apple Payの機能も搭載
・価格は1台349米ドルから

すべてのコメントを見る
コメントをロード中

最新の記事

上位のダウンロードアプリ