Windows 8 と Windows RT:どちらがあなたに適してる?

マイクロソフトの最新OSを試してみたいのであれば、ご自身の使用方法に適した OS バージョンを購入、インストールすることをおすすめします。Windows RT に関する情報は、本サイトを含むさまざまなテクニカルブログやソフトに関するブログで公開されていますが、Windows RT とは、正確にはどのような OS なのでしょうか。また、標準的な Windows 8 オペレーティング システムと異なる点は何でしょうか。

自分に合った適切なOS を選択ができるよう、以下にWindows RT およびWindows 8 との違いについて説明します。

見た目

すでにご存知かもしれませんが、Windows 8 には、デスクトップ モードとモダン UI といった、独自のインターフェイスがそれぞれ備わっています。ユーザーは、Windows 8 標準パッケージおよび Windows RT 個人設定のインターフェイスで、個人設定をトグル操作によって設定できます。

Windows 8 および Windows RT のオペレーティング システムの見た目は、仮想的には同一です。特定のソフトウェアを実行する性能に、それぞれの違いがあります。

ソフトウェア オプションの制限

標準の Windows 8 OS は、Windows Vista と Windows 7 で互換性のあるすべてのソフト アプリケーションのインストールと仮想的な実行を可能にします。数少ない例外として、Windows RT は Windows ストアで入手できるアプリでのみ実行できます。旧バージョンの Windows のデスクトップで実行するプログラムソフトはインストールできません。これは、Windows RT は、Windows 8 よりもタブレット OS 向けという理由によるもので、Windows 8 では、すべてのプログラムがインストール済、かつすでに開発されているほかのすべてのマイクロソフト オペレーション システムの実行性能を備えています。

この制限により、Windows RT には Windows 8 などで利用できる Windows Media Player が実装されていませんが、Microsoft Office 2013 RT を無料で利用できます。すなわち、Word、Excel、PowerPoint をすぐに利用することができるのです。Windows 8 では、標準的な Microsoft Office 2013 を利用できますが、オペレーティング システムには付属されていないため、Office 2013 を使用する場合は別途購入する必要があります。

Windows ストアで利用できるすべてのものはダウンロードして Windows RT で使用することができます。Windows ストアにないものは、Windows RT では動作しません。

Windows RT と WinRT の違い

名前がよく似ていることからも、Windows RT は WinRT と同じものであるようにも思えますが、この 2 つはまったく異なるものです。Windows RT の RT は、何らかの名前を示しているわけではありませんが、WinRT は Windows Runtime を示します。Windows RT は、タブレット向けの新しい Windows オペレーティング システムの限定バージョンである一方、WinRT は Windows ストアからダウンロードしたアプリをパワー アップさせるエンジンを意味するテクニカル用語です。Windows ストアの記述アプリをよりシンプルにするほか、Windows エコシステムに手を広げたいアプリ開発者を確実に引き付けるものでもあります。

別の見方をすれば、Windows RT で実行できるソフトは WinRT を使用して作成されたソフトのみです。これはちょっとした言葉のゴロ合わせのようにも聞こえますが、これによっても、2 つの明確な区別がつきやすいのではないかと思います。

可用性

Windows 8 は、ほぼ全ての最新 PCにインストールされています。一方、Windows RT は、インストールしたくても購入することはできません。Windows RT は有効的な OEM システムを採用しており、ハードウェアの製造会社のみが新しいタブレットに実装できるよう設計されています。このため、Windows RT は Microsoft Surface で利用できるほか、今後発売が予定されているタブレットで利用できるようになります。

結論

Windows RT は、Office や Windows ストアのアプリをタブレットで使用することが十分なユーザーには適しているでしょう。例えば、文書での作業、Web 閲覧、時々のビデオ視聴を行う場合であれば Windows RT は適しているといえます。Windows 8 は Windows ストアにはない旧版ソフトに対するサポートも含まれるため、より完全なパッケージ化が図られています。Windows 8 は、3 つの種類から選択できます。標準的な Windows 8 には Windows 7 の基本的な機能すべてが含まれています。

○Windows 8 Pro にアップグレードすると、以下の機能を利用できます。

BitLocker ドライブ暗号化と BitLocker to Go

Hyper-V による仮想化の機能

リモート デスクトップ

Windows Media Center

○Windows 8 Enterprise 版にアップグレードすると、以下の機能を利用できます。

Windows to go (大容量デバイスからの起動)

Direct Access VPN を介した接続

BranchCahce (中央サーバーからの PC キャッシュ ファイルが可能、高速化)

AppLocker (アプリのブロック)

新しい OS の使用を検討する場合、Windows 8 と Windows RT のどちらを選ぼうと思いますか。

コメントをロード中

人気のストーリー

E-チャット - 信頼のある出版社に高評価 - ICOの第一段階、2週間以内に締切を迎える。

E-チャット - 信頼のある出版社に高評価 - ICOの第一段階、2週間以内に締切を迎える。

ストーリーをもっと読む