今晩のこんだて、レシピアプリで決めますか?

今晩のこんだて、レシピアプリで決めますか?

妊娠してから、毎日こんだてを考えるようになりました。それまでは仕事をしていて、職場から帰ってきてちょっと運動をしたらもう、へとへと。何を食べようか考えて、原材料をチェックできる場合はチェックして、食材を用意して料理して、というプロセスで非常に消耗し、食べる元気も残っていないようなこともありました。ですが、バランスが取れていて、なおかつバラエティ豊かなご飯を食べることは、幸せを形作る重要な土台。では、忙しい現代の女子は、どうしたら良いのでしょうか。

自分と、家族のためにごはんを作る

こんだてを考える。それがやらねばならないことでした。ある日曜日、コーヒー片手にノートパソコンを開き、レシピ本を積み上げてメモを開き、時間を取って1週間のこんだてを考えてみました。これは、とってもうまく行きました。こんだてを考えること自体が楽しめましたし、バランスのとれた食事が摂れ、残った場合は翌日の朝食に回しました。お店で食材を物色する時間も、持ち帰りの惣菜や弁当を買う回数も、ゴミも削減。結果的に、こんだてを1週間分考えることは楽しみとなり、3年経った現在も、週単位でこんだてを考えるサイクルが続いています。

こんだてを立てる手段は変化してきています。ZipList Shopping Listsをはじめ、今や、食事計画アプリはいまや、数えきれないほど存在します。機能が素晴らしく充実しているアプリもあれば、メモ帳程度のものも。ただ、食べることと料理が好きなら、こうしたアプリは必ずしも最高のこんだて作成法ではありません。

仕事を片付ける

ではなぜ、こんだて作成アプリは最高とは言えないのでしょうか?その理由は、食材や買い物のレパートリーを指定しないと、こうしたアプリはこんだてを考えてくれないことにあります。たとえば今、時間に縛られているのに自分や誰かに食事を作らなければならない場合は、このようなアプリがぴったりかもしれません。こうしたアプリにはレシピ集が備わっており、膨大な数のレシピが収録されているアプリもあります。Cook Smartsなどは、100種類ものレシピから好きなレシピを選ぶことができます。こうしたアプリは、ユーザーの好みにマッチしそうな組み合わせを少し示すことで、こんだてを決める苦労をなくしてくれます。

大多数のアプリには、予算管理機能が備わっています。安い店でのみ買い物するようにし、データを入力して一括購入、クーポンの使用、冷凍保存用料理などで絞り込みができます。また、グルテンフリーやフルータリアンなどなど、多様な食事に対応しているアプリも少なくありません。献立を立てたら、買い物リストを手早く作ります。自分でやることはゼロということではなく、地元の店に合わせてリストを作成する必要があるということです。ですから、実際に行く店に合わせておすすめ商品を示してくれるわけではありません。

簡潔に言うと、こうしたアプリは、こんだてに関する条件や情報、好みを、実行可能な週刊計画に変えてくれるツールなのです。アプリに次の週や翌月の献立を考えてもらうこともできるので、こんだてを考える手間が省けて、その分他のことに時間を充てることができます。さらに、買い物配達サービスなどより包括的なサービスを利用すれば、キッチンに入って示された手順で料理するだけで済みます。

こんだてを考えるのは楽しい

例えば、今牛肉があるとします。このお肉をどう料理しようか、と考えながら買い物をし、料理するのは楽しいものです。リラックスできる時間でもあります。また、レシピ集をめくりながら何を作ろうか考え、今の季節や旬の食べ物、使ってみたいお皿などを考慮してこんだてを立てるのが好きな人もいます。

レシピはいろいろなところから集めることができ、アプリで提供されるオプションはすべてをカバーできるわけではありません。紙に印刷されたレシピを手に入れたときには、マニュアルであればアプリに追加できる場合が多いのですが、作業は退屈です。
ふだん私は、良くあるチェーン店では買い物をしませんし、クーポンは使いません。専門店、市場、そしてその他のスーパーマーケットを回るのが私の常で、買い物リストを作るのもさほど苦になりません。

Chromeの同期はレシピ集めに最適

話を元に戻しましょう。誰にでもあてはまるわけではありませんが、こんだてづくりは私にはぴったりの方法でした。何か得られるものがあるかもしれません。

こんだてを立てる方法を決める時に最初にすることは、自分の料理のアイデアやレシピはどこからやってくるのかを考えることです。私の場合、WebサイトやブログのレシピはChromeのブックマークとして保存してあり、デバイス間で同期が可能です。iPadで新しいレシピを検索したり料理のアイデアを思い付いたりしたときは、Pocketに保存しています。ブラウザ拡張機能でPocketに保存すると、便利な機能タグを追加できます。

作ってみて試食して、家族もおいしいと言ってくれたレシピは、Deliciousに保存します。これは、料理には特に必要なタグ付け機能やメモ機能が優秀な古くからあるサービスです。さらに、他の人が同じリンクを保存して公開すると、ブログコメントやレシピのレビューなどを記したメモを見ることができます。

料理本を活用する

そして、料理本のレシピを十分に活用するためEat Your Booksを利用しています。有料サービスで、人気の料理本の索引、レシピ名、分類をデジタル化したものを利用できます。ログインして、整理された自分の料理本をアプリで指定します。コレクションを追加したら、コンピュータでオンラインのレシピ集と同様に検索できます。


目的のレシピを見つけたらレシピ名と本の名前をメモし、ブックシェルフで検索するだけです。Eat your Booksのデータベースはすべての料理本を網羅しているわけではありませんが膨大な量のレシピ本をデータベース化しており、定期的にそのデータベースは追加されています。さらに、持っている本がインデックス化されていない場合は、自分で追加することができるのです。ただし、このサービスで利用できる料理本は、英語で発行されているものに限定されます。

マスタープランを作る

料理のレシピを用意できたら、計画をはじめます。私は、こんだてと買い物リストを書き留めるためにWunderlistを使用しています。アイデアと1週間のやることリストをおおざっぱに書いて、目的にあうレシピを先ほどのアプリで検索とタグオプションを使って探します。決まったら(こんだてが最終決定するまで余白を残しておきます)、キッチンにある食材をチェックし、買い物リストを作ります。こんだての計画はすべて、Wunderlistで行え、計画とリストはいろいろなデバイス、いろいろな人で利用できます。つまり、料理を手伝ってくれるパートナー、ルームメイト、子どもと内容を共有できます。

惜しい点と、その解決法

この方法には欠点といったものはあるでしょうか?もしかしたら、人によっては、私のことが好きで(笑)食事の準備を楽しむタイプの人でも、もっと洗練できる点をいくつか見つけられるかもしれません。この方法では最初に考える時間が必要です。そんなに長い時間ではありません。急いでいるときは15分もかかりませんが、逆に余裕がある時は1時間くらいかけます。手書きで買い物リストを作る必要がありますが、このやり方は、買い物に出かけているときは使えないかもしれません。また、デスクトップやノートパソコンでやったほうが簡単かもしれません。タブ間の内容を見て、コピー&ペーストを駆使すればいいのです。とんでもなく俊敏な指を持っていない限り、タブレットや携帯電話では操作がちょっとだけむずかしくなります。

こうした部分をちょっとずつ良くするため、買い物リストやパントリー監視アプリを採用してもよいでしょう。こうしたアプリは、毎週同じ店で買い物することが多い場合に特に役立つでしょう。また、冷凍庫の在庫管理をしてくれるアプリもあります。もちろん、私が紹介した方法を実践してもいいのです。一気に2週間分、ひと月分のこんだてを考えてしまってもいいのです。

こんだてがただ単に人の胃袋を満たすためだけのものならば、この方法は多大なストレスを与える可能性がありますのでやめましょう。食べ物、料理が好き、食べ物について考えるのが好きな人にとっては、新たな趣味になってしまうかもしれません。

試してみて、もっと良いやり方があったらぜひ教えてください。

原文記事:Are meal planning apps the best way to plan meals?

By Niamh Lynch

Twitter_logo_blueSoftonic公式Twitterアカウント
@softonicjapan



FB-f-Logo__blue_57Facebook公式ページもあります!
https://www.facebook.com/softonic.jp


iPhone/iPad/Android対応
「Softonic 公式アプリ」
えぃっ!☆☆☆ インストール


すべてのコメントを見る
コメントをロード中

最新の記事

上位のダウンロードアプリ