百貨店など施設内専門マップ 「LINE MAPS」をLINEが発表

百貨店など施設内専門マップ 「LINE MAPS」をLINEが発表

LINE は10月9日に「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催し、新サービス「LINE Maps for Indoor」を発表しました。

LINE MAPSには従来の地図アプリと決定的に違う点が一点あります。従来のマップアプリが街から街など野外移動の道順などをナビゲートするのに対して、LINE MAPSは商業施設内のナビゲーションに特化した地図アプリとなっています。たとえばショッピングモールやデパートなどの施設内で行きたいショップやレストランを指定すると目的地までの最適なルートを表示し、案内を受けられます。

また営業時間・電話番号・写真などの店舗情報もチェックでき下見にも使えます。サービスは2014年秋頃のスタートを予定しており渋谷ヒカリエ・東京ミッドタウンなどの東京周辺の約40施設の屋内地図が使用できるようになるとのこと。日本語以外にも英語、簡体字、繁体字、韓国語の計5言語に対応するため、海外からの旅行者も利用可能となります。

LINEの新サービス発表イベントで上映された紹介VTRを見る限り、近くの店舗のクーポンを受け取る機能も備えているようです。

LINE Maps for Indoorは2014年秋ごろAndroid版限定でリリース予定となっています。

LINEダウンロードはこちら

LINE iPhone版

LINE Android版

LINE Windows 版

  • Link Copied!
コメントをロード中