広告

特集

山にはスマホの地図も持っていこう!―YAMAP開発者さんインタビュー

Junko Takaira

公開

夏山の時期はそろそろ終わりですが、暑さが落ち着いた秋も、山登りが快適に楽しめる季節。写真を撮るカメラ代わりに使う以外に、実は山でのスマホの重要な活用法があるんです!携帯の電波が届かない場所でも、スマホで現在位置が確認できる地図アプリYAMAPの開発者、春山慶彦さんに、YAMAPの使い方についてお聞きしました。


YAMAP(iPhone/Android

山にはスマホの地図も持っていこう!―YAMAP開発者さんインタビュー

スマホに地図を入れておけば、山の中など携帯の電波が届かない場所でも現在位置がわかる

―Google MapやiPhoneに標準装備されているApple Mapなどでは携帯のつながらない場所では地図が表示されなくなると思うんです。YAMAPや登山向けの地図アプリではなぜ、携帯の電波が届かない場所でもスマホで現在地がわかるのですか?

春山慶彦さん(以下春山さん):GPSは宇宙にある人工衛星を通じて位置を測定するシステムで、携帯の圏内圏外問わず位置情報がわかります。Google Mapが圏外では使えなくなるのは、電波がないと地図情報を表示できないからなんです。つまり地図情報がもともとスマホに入っていれば、携帯の電波が届かない場所であっても、GPSを利用して地図上に現在地情報を表示させることができるんです。


YAMAP代表の春山慶彦さん

山に行くときは、全員が地図を持っていくのが暗黙の了解

―山初心者や、山ガールになりたての女子は(私も含め)地図が読めない、という人も多いと思うのですが。

春山さん:YAMAPは、地図が読めなくても使えるように設計しています。アプリの中で地図のダウンロードが行えるのですが、その地図上に、現在位置と、自分がどちらの方向を向いているかが表示されるんです。地図画面の右下のボタンにタップすると表示が切り替わります。

ただ従来、登山部や山岳会など昔からある登山団体に参加して山に登るときは、グループ全員が紙の地図を持っていくのが暗黙の了解だったんです。登山は自然を相手にするアクティビティなので、命がけの営みですから。山での問題の多くに、遭難・道迷いがありますが、YAMAPアプリがあれば、スマホがGPS機器として機能して、現在地を知ることができます。

紙の地図とスマホのYAMAPの両方づかいがおすすめ

春山さん:とはいっても、スマートフォンのバッテリーは8~10時間しか持たないというのも現状です。そこで、紙の地図を持って行って、万が一迷ったら、スマートフォンでYAMAPを立ち上げて現在地を確認する、という使い方をおすすめしています。山に行く際には、必ず紙の地図と、それからスマホの予備バッテリーを持ってほしいですね。
また、私は地図を見て、等高線を頭に入れて山の形をイメージして登ることが大切だと考えているので、山の技術を持ったベテランさんと一緒に登るなどの経験を通じて、山を楽しむ人には紙の地図を読めるようになっていってほしいと願っています。

YAMAPの地図を印刷するときは、編集ソフトで使いたい部分を拡大してから

―YAMAPでダウンロードした地図をプリントアウトしてみたのですが、細かすぎる地図になってしまって、山での実用には耐えられなさそうだったのですが。

春山さん:YAMAPの地図は、国土地理院が発行する地図をベースにしているので、信頼性や精度は山で使うのにも問題ありません。ダウンロードした地図の一部を画像編集ソフトなどで拡大してから印刷すれば、山で使える縮尺の紙の地図になります。ただ、大きな紙で印刷できるプリンターを家にお持ちでない方も多いと思うので、必要な地図をコンビニなどでプリントアウトできるサービスについても検討しています。

災害時にも役立つ、都市部の地図

春山さん:また、東日本大震災後には、コンビニで地図が品切れになったと言われます。自分の家に帰る道を確認するニーズが災害時には跳ね上がります。YAMAPには山の地図だけでなく主要都市の地図も用意しているので、自宅近くの地図をダウンロードしておけば万が一の災害時にも役立てていただけると思います。

YAMAP(iPhone/Android

うれしいシルバーウィークがある9月。ちょっとした遠出や山登りを計画している人は、スマホにYAMAPを入れて活用してみてはいかがでしょう。

●エディター Junko Takaira
SoftonicJapanではおやつ大臣で、山ガール(仮)です。山にもおやつはもっていきまーす(笑)プロフィールのイラストは、お気に入りのアプリ、Bitstripsで作りました!アバターを作れるアプリの中でもかなり本人に似せて作ることができるので、みなさんも作ってお友達にシェアしてみてください☆

Twitterアカウント:https://twitter.com/junkosoftonic
Junko Takairaの記事一覧はこちら

最新情報はソーシャルメディアで配信中!

Twitter_logo_blueSoftonic公式Twitterアカウント
@softonicjapan



FB-f-Logo__blue_57Facebook公式ページもあります!
https://www.facebook.com/softonic.jp


iPhone/iPad/Android対応
「Softonic 公式アプリ」
えぃっ!☆☆☆ インストール


あなたはこれも気に入るでしょう