iPhoneがいっぱいになったらどうしたらいいの? iPhoneの写真を保存する 3/3 クラウド保存

iPhoneがいっぱいになったらどうしたらいいの? iPhoneの写真を保存する 3/3 クラウド保存
旅行先の美しい景色から毎日のランチまで、iPhoneでパシャパシャ写真を撮り続けていたら、いつの間にか枚数は2000枚超え。ある日、写真の撮影ボタンにタップしても写真が撮れていないことに気づきました。故障かと思ったら、なんと単純に容量がいっぱいだったのです…。
iPhoneにはSDカードスロットがなく、容量がいっぱいになったらデータを消すか移すしかありません。1/3ではiPhoneの写真をPC・Macに移す方法をご紹介し、2/3ではiCloudとは何かについてお伝えしました。今回は、「クラウド」を利用して写真を保存する方法についてご説明します。

「iPhoneの写真を保存する 1/3 PC/Macに移動する方法」はこちら

「iPhoneの写真を保存する2/3 iCloud編」はこちら

クラウドストレージには、複数のデバイスからアクセスできます。

「Cloud」とは英語で「雲」を意味します。つまりインターネットという広い空に雲のように浮かんでいる貸しスペースに自分のデータを保存できるという意味です。このクラウド上にデータを保存できるサービスを「クラウドストレージサービス」と呼びます。

クラウドというとやや難しい、という印象があるかもしれませんが、実はとっても身近なもの。例えば、Webメール(Gmail、Yahoo!メールなど)もクラウドを利用したメールサービスで、メールのデータやアドレスなどが全てインターネット上=クラウド上に保存されています。クラウドを利用したメールサービスの便利な点としては、職場のPC、自宅のMac、お手持ちのiPhoneとどんなデバイスからでもインターネットにアクセスさえできれば同じメールアカウントを利用できて便利ですよね。

「iPhoneの写真を保存する2/3 iCloud編」はこちら

クラウド上に写真を保存する場合もこの点は同じ。iPhoneで撮った写真をクラウドストレージに保存すれば、PCやMac、タブレットPCなど、異なるデバイスからインターネット経由でいつでもどこでも写真にアクセスできます。万が一iPhoneやPCを紛失してしまっても、写真データがクラウド上に残る点も安心です。また、友達や家族との写真データの共有も簡単にできて便利です。

逆にデメリットとして考えられるのは、インターネット環境がないと写真を閲覧できなかったり、一定の容量を超えると有料になったりするサービスが多いこと。クラウドストレージサービスは種類が多いので、ニーズに合うものを選んで使いましょう。また、利用には基本的に会員登録が必要です。

良く知られているクラウドストレージサービスには、Dropbox、Google ドライブなどがあります。

Dropbox


・2GBまで無料

・アカウント作成が必要

ではここで、実際にDropboxを使ってみましょう。

まず、AppStoreからDropboxを検索し、アプリをインストール。「開く」にタップして起動します。

Dropboxのユーザーアカウントをお持ちの場合はログインしましょう。Dropboxを初めて使う場合は、「Dropboxは初めてです」にタップし、アカウントを作成しましょう。氏名、メールアドレス、パスワードを入力するだけなので簡単です。

ログインすると、「カメラアップロード」機能が表示されます。これは、iPhoneに保存されている写真・動画が自動的にDropboxの「カメラアップロードフォルダ」に保存されるオプションです。
右上にある「有効にする」にタップすれば、iPhoneアプリのDropboxを起動するたびに、iPhone内に保存されている写真・動画が自動的に保存されます。この機能は便利ですが、iPhoneに大量の写真が保存されている場合は、アップロードに長い時間がかかります。Dropboxをいったん閉じると、アップロードはその後5分間のみ継続される点に注意が必要です。iPhoneでほかのアプリを立ち上げた状態でDropboxをバックグラウンドで動作させることはできません。カメラアップロードが中断された場合は、次にDropboxを開いた際に、前に中断された写真からアップロードが再開します。
アップロードされた写真はDropboxに保存されます。DropboxにはiPhoneからだけでなく、PCやMacからでもアクセス可能です。Dropboxの利用は、データ容量2GBまで無料です。

Dropboxは最も良く知られているクラウドストレージの1つですが、容量がDropboxよりも大きい無料のクラウドストレージはたくさんあります。ここでは、ポピュラーかつ使いやすいクラウドストレージサービスをご紹介します。


Google ドライブ

・Picasaウェブアルバムと合わせて合計5GBまで無料

・Googleアカウントで利用できる

・オフラインでも閲覧可能

Microsoft SkyDrive


7GBまで無料

・アカウント作成が必要


Flickr

・1TBまで無料

・アカウント作成が必要
・10GBまで無料
・アカウント作成が必要
いかがでしたか。iPhoneで撮った大切な写真はきちんと保存して、快適でハッピーなiPhoneライフをお送りくださいね!
すべてのコメントを見る
コメントをロード中

最新の記事

上位のダウンロードアプリ