広告

特集

iOS8用ウィジェットアプリVidgetsが登場 「空き容量」など19種のカスタム可能ツール収録

Christopher Takagi

公開

iOS8には新しく「通知センターウィジェット」という機能が追加され、iPhoneを上から下にスワイプで表示させられる「今日」からサードパーティ製アプリの情報をチェックできます。

10月4日にリリースされたウィジェットアプリ「Videgets」は「空き容量」や「世界時計」「高度計」など日常的に使うツールを19種類含み、カスタマイズして必要な物だけを見やすく「通知センター」に配置できます。

iOS8用ウィジェットアプリVidgetsが登場 「空き容量」など19種のカスタム可能ツール収録

Vidgetには以下の機能が含まれています

アナログ時計

デジタル時計

世界時計

カレンダー

タイマー

セパレーター

バッテリー使用状況

ストレージ使用状況

メモリ使用状況

アナログスピードメーター

デジタルスピードメーター

高度計

アナログコンパス

デジタルコンパス

今日の天気

明日の天気

今日の気温

明日の気温

必要なツールだけを配置できるカスタム機能

アプリを起動すると19種のツールが表示されるので、使用したいものをタップで選択し、通知画面に表示させたいように並べていきます。配置方法はアイコンをホーム画面に設置するのとおなじ操作方法、長押しでの移動となります。またツール表示させるカラーもカスタム可能です。

スッキリと並べればスマホの使用状況から、気象状況まで様々な情報が一目で得られます。

Vidgetのダウンロードはこちら

あなたはこれも気に入るでしょう