プッシュ通知を無効化する方法

プッシュ通知を無効化する方法

Webサイトのプッシュ通知の受信を、誤って許可してしまったことがありませんか?または、一度は許可したものの、通知の多さに疲れて、無効化したい…など。
今回は、使用しているブラウザによって、通知を無効化する方法を説明します。

Google Chrome (ノートPC)

Google Chromeで通知を無効にするには、下記アドレスをコピーしてブラウザに貼り付けます:
chrome://settings/content/notifications
すると、[設定]画面の[通知]設定に直接移動します。

通知許可のリクエストを停止したい場合は、[送信する前に確認する(推奨)]オプションを無効化し、ブロックします。

それとも、特定のウェブサイトの通知をブロックしたいですか?
この設定画面で、「ブロック」と「許可」の2つのオプションがあります。そこで、[許可]の下、通知を停止したいウェブサイトを探し、その横の3つの縦のドットをクリックし、[ブロック]を選択します。

いたってシンプルです。

Google Chrome (スマートフォン)

[設定]画面に移動します。 [Webページ設定]を選択し、次に「通知」をクリックします。

通知許可のリクエストを停止する場合は、ノートPCの時と同様に[送信する前に確認する(推奨)]オプションを無効化します。

特定サイトの通知を無効化る場合も同じです。[許可]されているウェブサイトの一覧からブロックしたいサイトを選択し、[ブロック]オプションを選択します。

Mozilla Firefox (ノートPC)

Firefoxで通知を無効にするには、下記アドレスをコピーしてブラウザに貼り付けます:
about:preferences#content
すると、[Content]画面が表示されるので、そこの[通知]を選択します。

通知や通知許可のリクエストが多すぎて、すべてブロックしたい場合は、[Do not disturb me]オプションを有効にします。

特定のウェブサイトの通知をブロックする場合は、[Select]をクリックします。すると、許可またはブロックしている通知の一覧が表示されるので、ここで、通知を受け取りたくないウェブサイトを探し、[サイトを削除]します。

なお、[Do not disturb me]を有効にしていない限り、削除したページに再度アクセスすると、通知許可のリクエストは再度表示されます。ここで、許可をしなければ大丈夫です。

残念ながら、Firefoxでは、特定のページによる通知をブロックする、より簡単な方法はありません。

Mozilla Firefox (スマートフォン)

今のところ、Firefoxの現バージョンで通知を無効にする基本的な方法は1つだけです。通知を無効化したいウェブサイトへ行き、コントロールセンター(URLの左側にある緑色の鍵マーク)をクリックし、次に[サイト設定の編集]を選択します。選択ボックスにチェックを入れ、[Clear]を選択します。これで、再度変更を与えない限り、ウェブサイトからの通知は無効化されます。

Microsoft Edge (Windows 10)

まず始めに、ウィンドウの右上にある、横並びになった3つのドットをクリックし、[設定]をクリックし、[詳細設定]をクリックします。

[通知]項目にある[セットアップ]をクリックします。ここで、通知を受信したくないウェブサイトを見つけ、スライダポイントを無効化します。

Apple Safari

ウェブサイトのプッシュ通知の受信を停止するには、[環境設定]から[通知]をクリックします。ここで、表示されるウェブサイト一覧からブロックしたいサイトを探し、[ブロック]を選択します。

通知許可のリクエストもブロックしたい場合は、[通知]セクション閉じないでください。[ウェブサイトからプッシュ通知を送信する許可を求める]のチェックボックスをオフにして完了です。

コメントをロード中