Skypeのリアルタイム通訳を使ってみよう まずは英語とスペイン語に対応

Skypeのリアルタイム通訳を使ってみよう まずは英語とスペイン語に対応

Microsoftはこれまで情報を小出しにしてきたSkypeのリアルタイム通訳機能をついに公開しました。12月15日に公開されたSkype Translator Previewではユーザーが話す母国語がリアルタイムで通訳されます。また、テキストでのメッセージも翻訳され40ヶ国語以上の言語に対応しています。

Skypeが15日に公開した下のビデオでも伺えるように、学校での使用をSkypeは想定しているようです。Microsoftは通訳機能をアメリカとメキシコの学校でテストしています。Skypeの通訳機能は学校で重宝されるだけではなく国境を越えた社員がやりとりを行う国際ビジネスの場でも大きな需要があると言えます。

今回リリースされたのはプレビュー版のため、現在は英語とスペイン語のみの対応となっています。Skype Translatorを使用するにはWindows 8.1かWindows 10 previewを使用している必要があります。

Skype Translatorのプレビュー版はこちら

ソース: Skype

関連記事:Skypeが音声通訳を公開 プレビュー版の登録受け付けが開始

ダウンロード

Skype Windows

Skype iOS

Skype Android

Skype for Mac

コメントをロード中