[LINE 新サービス発表会]自作スタンプ販売、LINE利用者以外とも話せる「LINE電話」、など3つのサービスが登場

[LINE 新サービス発表会]自作スタンプ販売、LINE利用者以外とも話せる「LINE電話」、など3つのサービスが登場

LINE株式会社は2月26日に新サービスの発表会「LINE Showcase2014 Feb」を行い「BEYOND LINE」をテーマに今までのLINEを超える新たなサービスを3つ発表しました。

■LINE Creators Market

オリジナルスタンプを作って販売!誰でもクリエイターになれるスタンプマーケット

「LINE Creators Market」はLINEユーザーがクリエイターとなり自分で作ったスタンプを「LINE ウェブストア」で販売できるサービスです。

これまでは企業によるスポンサードスタンプや有名キャラクター、LINEキャラクターのスタンプのみが使用可能でした。

今年4月ごろを目処に、LINEユーザーの誰もが自作スタンプを販売できるようになります。スタンプのセットは100円で販売され、売り上げの50%がクリエイターに配分されます。

スタンプは「公序良俗に反していないか」などLINEによる審査をパスし認可される必要がありますが、審査とクリエイター登録は無料で必要なのはLINEアカウントだけ。これなら誰でも始められますね。

このサービスは全世界が対象となるので、海外のクリエイターによるユニークな作品も使用可能となります。バラエティがより豊富になったスタンプショップをチェックするのが今から楽しみです。

「LINE Creators Market」の公式サイトは既にオープンずみ。自作LINEスタンプは注目のコンテンツになりそうです。

■LINE電話/LINE Call

国内外の固定電話などに低料金で電話できるサービス

(2014年3月にサービス開始予定)

スマートフォンを持つ“Lineユーザー同士”という制限を超えて固定電話やフィーチャーフォーンとも繋がる電話サービス。

発表によるとLINE電話には以下の3つの特徴があります。

①    LINEがあれば誰でも簡単に使える。

②音質がクリアで途切れにくい。

③国内・海外、固定・携帯を問わずに低料金で通話できる。

期間限定のキャンペーンとして130万件の店舗・施設への電話が無料になります。気になる通話料は、ケータイ・スマートフォンへは6.5円/分、固定電話へは2円/分。

全世界200以上の国に対応し、アメリカ・中国への通話の場合は固定・携帯ともに2円/分。国内の携帯電話に掛けるより海外への通話方が安いのは意外でした。

LINE電話の詳細はこちら

■LINEビジネスコネクト

「スタンプの送信でピザを注文できる」などユーザーと企業をつなぐ、ビジネス向けの新サービス

上記2つのユーザー向け新サービスとは異なり、これはビジネス向けのサービスとなります。

ビジネスコネクトはユーザーとビジネスをよりスムーズに繋ぐ企業向けのサービス。企業の公式アカウントから送信されるメッセージを特定のユーザーに対してより最適化された内容にすることができます。

例えばユーザーが好きな具の乗ったピザのスタンプを選択し公式アカウントに送信すると、宅配ピザ注文ができます。ピザの衝動買いにつながりそうなサービスです。

また、レンタルビデオ店からの返却通知をLINEで受けるように設定する、というサービスもビジネスコネクトで可能となります。

タクシーを呼ぶのもLINEから位置情報を送信するだけ、などと生活の様々な場面に対応したサービスの拡大を予定しています。

LINEビジネスコネクト

スマートフォンを持っていない非LINEユーザーから文化の先端に位置するクリエイターまで、従来のLINEユーザー以外に目を向けて巻き込んでいく新サービスの発表でした。特にスタンプを自分で作って販売可能となるのはイラストレーターやマンガ家、またミュージシャンなどにとっても新しくてポピュラーな表現の場となり、ますますスタンプコミュニケーションが過熱していきそうです。

  • Link Copied!
コメントをロード中