iOS 8 の新機能をフル活用、Vidgets で iPhone の通知センターにウィジェットを設置する方法

iOS 8 の新機能をフル活用、Vidgets で iPhone の通知センターにウィジェットを設置する方法

新たに iOS 8 より搭載されたウィジェット機能を活かした注目のアプリ「Vidgets」。18種類ものウィジェットを通知センターに設置でき、スワイプひとつで情報を確認できます。
使い始めに本体の通知センターに表示させる設定が必要になりますので、こちらではその方法をご紹介します。

1.アプリをインストールして起動します。英語での設定方法が表示されます

2.iPhone本体の通知領域を開き、下部の「編集」をタップ

3.「非表示」リストから「Vidgets」を選択して表示させます

4.右の三本線を長押し、好みの場所に移動したら「完了」を押して終了

5.これで通知領域にウィジェットが表示されるようになりました。

6.次にウィジェットをカスタマイズしましょう。アプリを起動して下の「+」ボタンをタップし追加したいウィジェットを選びます


7.追加した後は、通常のアプリ同様、長押しで移動や削除などができます

8.左下のボタンからはウィジェットの色変更ができます

9.右の鉛筆マークを押せば、世界時計のタイムゾーン変更やウィジェット名変更などの編集作業ができます

(おまけ)数が多い場合は「Separator」で仕切り線を入れると、非常に見やすいです。

iOS 8 のみ使える特別なウィジェット機能。さまざまなツールが登場するなか、「Vidgets」は入門ツールとしておすすめです。

●エディター Sayaka Nagashima

「ウィジェット」と言えば Android の専売特許かと思っていましたが、ついに iOS 8 にも搭載されました。今後もさまざまなツールが登場するようで、楽しみです!

Twitterアカウント:https://twitter.com/sajakasoftonic

Sayaka Nagashimaの記事一覧はこちら

最新情報はソーシャルメディアで配信中!

Twitter_logo_blueSoftonic公式Twitterアカウント
@softonicjapan



FB-f-Logo__blue_57Facebook公式ページもあります!
https://www.facebook.com/softonic.jp



iPhone/iPad/Android対応
「Softonic 公式アプリ」
えぃっ!☆☆☆ インストール


すべてのコメントを見る
コメントをロード中

最新の記事

上位のダウンロードアプリ