もしもグノシーが大都市になったなら…? @maskin

もしもグノシーが大都市になったなら…? @maskin

 みなさんテレビCMでお馴染みのニュースアプリ「グノシー(Gunosy)」は使っていますか?

 朝夕の通勤時とかヒマな時、旬の情報を手軽に取得するのに便利ですよね。

 そのグノシーですが本日2014年11月11日、「5000万人都市計画」なるものを発表したんです。

グノシーが都市をつくるの?!

 ….ということではありませんよ、さすがに。
 実はこれグノシーの新しいサービスのビジョンを表したコンセプトということなんです。

 どういうことかというと、5000万人という大勢の人が日常生活を送るために不可欠なサービスなどを、グノシーの中に揃えてしまおうという発想です。

 

スマホポータルの再定義

 グノシーはスマホ時代のポータルという言葉を使っています。パソコンの時代からポータルといえばヤフーなどが思い浮かびますが、スマートフォンの時代の入口役になろうという発想です。

 グノシーはニュースのメディアなのにそういうことができるのでしょうか。彼らによる説明はこうです。

 例えば、グノシー内に「あの会社の福利厚生は日本最高レベル、もちろん業績もうなぎのぼり」みたいな記事があったとして、就職・転職活動している人が興味を持ったとします。

 次にやることといえば、会社名で検索して求人情報があるか探したりしますよね。ところが、検索エンジンで調べたものの、一杯ありすぎて求人窓口がわからなかったりするのが世の常です。転職サイトで検索しても、機能が複雑すぎたり、結局スマートフォンで移動中に調べきれずお手上げ、、なんてことも多いのではないでしょうか。

 そこでグノシーが考えたのが「スマートフォン用グノシーアプリの中で完結できるようにしてしまおう」ということです。

タクシー配車から求人、通販まですぐ使えるサービスを融合

 来年明けを予定している新しいグノシーには、トップ画面の右下に丸いボタンが表示されるようになります。これはチャネルと呼ばれるコーナーで、ニュースのチャネルとは別にさまざまなサービスを呼び出すことができるようになっています。

 例えば、通販ならこんな感じ。記事に関係する商品の広告バナーをクリックするだけで、グノシーアプリの中で簡単にお買い物ができてしまいます。

 こういったもの以外にも旅行やお店の予約や就活、アルバイト探し、暇つぶしのエンタメコンテンツ探しなど、今後1年で500社と提携して提供していきたいとのことなんです。

 

 そうなってくると「都市」という表現も理解できるのではないでしょうか?日常生活の中で必要だと思うサービスや機能がグノシーの中で手に入る。そんな世界が思った以上に早く手に届きそうです。

Gunosy各プラットフォームダウンロードはこちら


【関連URL】
・新コンセプト「Gunosy 5,000万人都市構想」を発表
http://gunosy.co.jp/news/19
・Gunosy(グノシー)、 プラットフォーム事業を開始。ニュースから リアルビジネスへ  【@maskin】
http://techwave.jp/archives/gunosy_platform_announcement.html

●Softonic Japan編集長 イマジニア増田(maskin)真樹
maskin2011009rev.fw 「アプリが人々の可能性を拡張させてくれるはず」という期待を胸に、人生全てをITに投入。Softonic JAPANでは、来るべき「アプリの時代」に向け着々と準備中。夢は「夢をもつ人の夢をかなえること」。TechWave
編集長
を兼任。

Twitterアカウント: @maskin
Facebookアカウント: metamix

Maskinの記事一覧はこちら

最新情報はソーシャルメディアで配信中!

Twitter_logo_blueSoftonic公式Twitterアカウント
@softonicjapan



FB-f-Logo__blue_57Facebook公式ページもあります!
https://www.facebook.com/softonic.jp


iPhone/iPad/Android対応
「Softonic 公式アプリ」
ほしいアプリがみつかる!
えぃっ!☆☆☆ インストール


  • Link Copied!
コメントをロード中